甘城ブリリアントパーク4



★★★☆☆……キャラ小説。ティラ男、惨敗_(:3」∠)_
現嗜好……青、フ、異、SF。

富士見ファンタジア文庫
賀東 招二 (著), なかじま ゆか (イラスト)のライトノベル作品、「甘城ブリリアントパーク4」なん(*´ω`)

四巻の内容は、新人バイト流血少女に焦点を当てた感じなん_(:3」∠)_
リニューアルしたのにティラミーのところだけ上がってない。調査だってなって、原因は呪われている流血少女にあるってことになって、解呪するおって感じ_(:3」∠)_
解呪する時のノリは少々アレだけれど、まあ、いいんじゃないかなーって思える感じなん。というか、そんな感じノリが当たり前だし(*´ω`)
次はPV作製で、その次は主人公カニエの家族事情。カニエの家族事情はちょっとよく分からなかったお_(:3」∠)_

そんなわけで、三巻同様な感じ。
夏に向けて感じで、この調子なら五巻は新人バイトの最後の一人なんだなあと思いました_(:3」∠)_