甘城ブリリアントパーク5

 

★★★☆☆……キャラ小説。まだまだいける_(:3」∠)_
現嗜好……青、フ、異、SF。

富士見ファンタジア文庫
賀東 招二 (著), なかじま ゆか (イラスト)のライトノベル作品、「甘城ブリリアントパーク5」なん(*´ω`)

五巻の内容は、予想した通り、新人バイトの三人目、おっとり大学生なんな_(:3」∠)_
新人三人衆が歌手デビュー的な感じで、そんな中、おっとり大学生に婚約者が! パークの危機って感じになって、マカロンが責任を取る感じ_(:3」∠)_
ついにマカロンの人間形態がまほカメ以外でさらされ、ミュースがはわわとなるのですよ(*´ω`)
仕事と娘のために奔走するマカロンは、なんかデートを重複させてしまった主人公みたいな感じになってた。

まあそんな感じ、いすずがピンクの河童であることが分かったりした(*´ω`)人間が普通と思ったけれど、いすずっちって妖精形態あったんやね。
とりあえず幸先が良くなってきたパークも妥協を強いられたり企画を立案したり、パレード(仮)したり、ラティファはやっぱり可愛い感じなのでした(*´ω`)

次はようやく夏って感じですな(*´ω`)
あとタスクフォースABCで分かったのだけれど、新人バイトってそれぞれABCの名前に由来してたんだな。今更ながら驚いたもふ_(:3」∠)_